カテゴリー: 社会貢献

  • 夏の交通安全運動

    2018年07月19日

     

    夏の全国交通安全運動が7月11日から20日までを期間として実施されています。

    運動の重点は「飲酒運転の根絶」「スピードダウンと居眠り運転の防止」「全ての座席のシートベルトの着用」が挙げられています。
    当社でも期間中毎朝、本社勤務の役職員が国道沿いと浅野町通沿いに分かれ、啓発運動を実施し、ドライバーに対して安全運転を呼びかけています。

  • 高校生がインターンシップで職場体験

    2018年07月13日

     

     

    毎年実施しておりますインターンシップによる職場体験が、今年は7月11日から3日間の日程で行われました。

    今回は函館工業高校の環境土木科及び建築科の生徒さん達が現場で実際に仕事を体験されました。
    生徒のみなさんがこれから進路を考えて行くときに、この3日間の経験が少しでも役立ち、将来の夢の実現の一助になれば幸いです。

  • 高校生の就職に向けて、支援活動を行いました。

    2018年06月27日

     

     

    6月26日(火)、北海道教育庁渡島教育局主催の「職場を見る・尋ねる・知るバスツアー」(高等学校就職支援マッチング事業)に協力いたしました。
    当日は管内の生徒24名が当社を訪れました。
    本社では建設業ならびに当社の概要を説明した後、入社4年目の土木部社員、近江谷技術員から具体的な仕事の内容、特に「安全」の大切さについて、また、仕事のやり甲斐や誇り、自身の目指す将来像などをお話しました。
    その後、移動し「日吉造成工事」の現場見学を行いました。吉田所長より工事の内容や現在の状況などを説明し、「工事現場」も体感していただきました。
    今後も、建設業に理解を深めていただく活動、地域貢献に資する活動に対し、積極的に取り組んでまいります。

     

    【北海道新聞】記事はこちら

    【函館新聞】記事はこちら

    【北海道建設新聞】記事はこちら

    【北海道通信】記事はこちら

  • 春の交通安全運動

    2018年04月12日

     

    寒さも和らぎ、春の訪れを感じられる日が多くなりました。これから新学期の始まりとともに、新入生の登下校や初心者マークの車が増えてきます。このような状況を踏まえて、4月6日から15日までの期間、全国一斉に春の全国交通安全運動が実施されています。
    当社でも期間中、本社勤務の役職員が国道沿いと浅野町通沿いに分かれ、啓発運動を実施しドライバーに対して安全運転を呼びかけています。小さな運動ではありますが、私どもの活動が交通事故の減少に少しでも役立てばとの思いです。

  • 現場見学会を開催しました。

    2018年01月29日

    1月20日(土)、函館港の「青函連絡船記念館 摩周丸」のすぐ横に、大型クルーズ船が着岸できる桟橋を建設する「函館港若松地区岸壁建設工事」の工事見学会を開催し、函館工業高校 環境土木科の生徒24名が参加しました。
    見学会では、函館駅近くに設営した「見学ステージ」で工事全体の様子を見ながら工事概要の説明を行い、現場すぐ横の「摩周丸」から鋼管杭の海中への打ち込みを見学し、工事を身近に感じてもらいました。その後、現場事務所に移動し、ドローン撮影したビデオを使った工事内容の説明や、VR(バーチャル・リアリティ)による安全管理の取組み体験などを行い、見学会を終了しました。
    今後も、建設業の未来を担う人材の育成、建設業界の魅力を発信していきたいと考えております。

     

     

     

     

     

    新聞記事はこちら

  • 冬の全国交通安全運動

    2017年11月13日

     

     

    初雪の便りが届き、本格的な冬が訪れようとしています。日没時間が早まり、気温の低下とともに夕暮れ時・夜間の事故や、積雪・路面凍結によるスリップ事故の多発が懸念される季節になります。このような状況を踏まえて、11月11日から20日までの期間、全国一斉に冬の全国交通安全運動が実施されています。
    当社でも期間中、本社勤務の役職員が国道沿いと浅野通沿いに分かれ、啓発運動を実施しドライバーに対して安全運転を呼びかけています。

  • 函館工業高等専門学校「学科講演会」での講演

    2017年11月01日

     

    11月1日(水)、函館工業高等専門学校の「学科講演会」に同校卒業生である土木部の佐藤愛珠技術員が講師として招かれ、社会基盤工学科の第2学年から第5学年の学生148名に講義を行ないました。
    内容は、入社2年目の女性技術者として、携わった業務内容や当社の職場環境、技術者としての心構えや建設業の置かれている現状等について説明すると共に、「高専で学んでおくべきこと」や、仕事をする上での責任や大変さ、遣り甲斐や喜びについて、入社後の経験に基づきお話しました。
    また、学生からの質問の時間も設けられ、「進学か就職の選択について」等、多くの質問に対し率直かつ真摯に答え、約1時間半の講演を終了しました。

     

     

    また、10月29日(日)、道建設部主催の「建設業魅力発信セミナー」においても、講演しました。

     

  • 秋の交通安全運動

    2017年09月22日

     

     

    当社では、社会貢献活動として各季年間4回実施される全国交通安全運動に合わせて役職員による交通安全街頭啓発活動を行っております。
    今回も9月21日から30日までの秋の全国交通安全運動の期間中、本社前を走る国道227号線沿いと、臨港道路が開通したことから浅野町通沿いの2か所で、交通安全の黄色い旗を掲げてドライバーに対して安全運転を呼びかけました。小さな運動ではありますが、私どもの活動が交通事故の減少に少しでも役立てばとの思いです。

  • 北海道渡島教育局の初任段階教員研修に協力しました。

    2017年08月01日

     

     

     

     

    8月1日(火)~3日(木)の3日間、北海道教育庁主催の「平成29年度初任段階教員研修」を受け入れしました。
    1日目は本社において、大越社長の訓話、当社の沿革や事業内容、民間企業の役割や求められているもの等をお話しし、「民間企業」または「建設業」の概要を理解いただきました。
    2日目は「八雲高等学校産業教育施設等改築工事」(建築部の現場 荒川所長)、3日目は「国道5号線 小沼改良工事」(土木部の現場 新保所長)の工事現場で研修を行い、建設業を体験し実感いただきました。
    本研修の受入は昨年に続き今回で2回目となるものです。民間企業の経験のない先生に、限られた範囲ではありますが民間企業を体験・理解いただき、今後の教育現場や進路指導等に役立てていただければと考え受け入れております。
    今後とも地域貢献に資することについて、積極的に取り組んでまいります。

     

    新聞記事はこちら

  • 夏の全国交通安全運動

    2017年07月11日

     

     

    夏の全国交通安全運動が7月11日(火)から20日(木)までを期間として行われています。
    当社でも役職員による恒例の旗の波街頭啓発運動が始まり、本社前の国道227号沿いで通勤等のドライバーに交通安全を呼びかけています。街頭啓発は例年通り期間中毎日行われます。

     

    新聞記事はこちら

PAGE TOP